FC2ブログ

記事一覧

みさき爺、長命寺川・大同川から小鮎を求めて野洲川へ(27)

 
   4月24()長命寺川、大同川でホンモロコ釣り撃沈です。
   小鮎を求めて野洲川へ転進しました。
 
 
    8時前に長命寺川に到着です。釣り人はまばらです。

 
 
 
   橋の上から声をかけると、ゼロのゼスチャーが返ってきました。

 
 
 
    こちらの方もゼロです。糸巻きに仕掛けを巻き始めました。
    「帰りはんの」「場所を変わるわ」

 
 
 
    上流のしらおう橋付近は1人です。

 
 
 
   長命寺は諦めて大同川へきました。こちらも釣り人はまばらです。

 
 
 
    「早朝からやっているが、まだ5匹や、今日は特に悪い」
    太陽は高いがまだ9時前です。帰るわけにはいきません。

 
 
 
   上流の須田川まできました。とりあえず竿を出すことにしました。

 
 
 
    9時過ぎ、2本竿でスタートです。

 
 
 
   一匹、二匹、・・・、五匹、釣れてくるのはブルーギルばかりです。

 
 
 
  10時過ぎ、ついにギブアップです。ビクを乾かす手間が省けました。

 
 
 
    村の鎮守の境内で、木陰を見つけてお弁当タイムです。

 
 
 
  久しぶりにレンゲ畑を見つけて、思わず車を止めてパチリパチリ。

 
 
 
    さて、12時前、野洲川に到着です。

 
 
 
   平日ですが、釣り人で賑わっていました。今シーズン初めての
   野洲川なので、先ずは偵察に行きました。

 
 
 
    「どうですか」「朝から6匹です」「7匹ですもう帰ります」
   そんな中、釣れないと言っている同じ流れの筋なのに
   順調に竿を曲げている人がいました。

 
 
   早速、「こんにちは」で始まりしばらく話していると、
   どちらからともなく「どこかで会いませんでしたか?」
 
    なんとワカサギ釣りでよくご一緒させて頂いたMさんでした。
   真冬と釣り装束が違うので、お互いに気がつかなかったようです。
   懐かしくて竿を出すのも忘れて話しこんでしまいました。

 
 
   「持って帰り」と言ってくれましたが、今日は持ちかえると
   婆さんの機嫌を損ねるので、丁寧にお断りしました。
 
   話している間も手は休まず、時折2連であがってきます。
   爺は3時に帰りましたが2束は間違いでしょう。

 
 
    どんな条件下でも釣る人は釣っています。
   釣り方は、大きなピンポン浮木をつけて、椅子に座って
   大ざっぱなずぼら釣りです。よく釣れるポイントは鈎でした。
 
   今日の水位は高いと言う方、もう少し低いとよく釣れると
   言う方色々でした。爺はもう少し増えた方がいいように思います。
 
 
 
   当日の10分ごとのリアルタイム水位です。
   水位や観測点はこちらで確認して下さい。

 
 
    例年連休が終わると田んぼに水をとられて減水し、難しい
   釣りになります。水位によって大きくポイントが変わるので
   水位を確認して出かけることをお勧めします。
 
   爺の目安は0.50m以上になると止めています。減水時は流れが
   なくても堰堤の深場や、少し下流の川田大橋付近で釣ります。
 
 
 
   大阪市内では、ホンモロコ釣りのエサが手に入りにくいので
   次回に備えて、現地の原田釣具店で赤虫を買って帰りました。

 
 
 
 
  5月から和歌山の河川は友釣りが解禁になります。
  まだ身体は持ちそうなので、頑張りたいと思います。
 
 
 
 

 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

> 釣りバカさん

次はどうしたら釣れるか、この次はその次は、と希望観測で
出かけます。打率3割ってとこでしょうかね。

No title

> 小鮎太郎さん

遊びなので釣れても釣れなくても困る事はないのですが
やはり釣れる方が楽しさは倍増します。

No title

毎回 釣れてしまえば 創意工夫もなく 意欲も凪ぐのではないでしょうか・・・?
思惑は 釣ってやるで意気込んで出ますが 返り討ち多々あるので次は~と思える楽しみも皮算用の内ですね・・・?
遊んでもらうつもりでも 相手の都合もあるので致し方ないですね・・・?
遊び相手を求めて 海産稚鮎になりそうです・・・?

No title

釣りは自然相手なだけあってホンマに予測できませんねぇ~!!
でも、その曖昧さがエエんですよねっ。
次の釣行に向けて胸と希望が膨らみます♪
女子の心と魚の気持ちは分かりませんです

No title

> エヌはまさん

どんな餌にも飛びついてきますね。大繁殖する意味が
よく分かります。困ったものです。

No title

> 宇治・デジカメ散歩さん

噂ではホンモロコの網漁は4月中旬に禁漁になっているようです。
漁師も必死・・・法を犯してまで漁をやっているようです。

No title

> やっさん

雨と天気がうまく作用しないと、遡上と成長が噛み合わないようです。
友釣りの河川がいい例ですね。今年の日高川は放流しても
雨と日照不足で成長が止まったり流されたり、解禁が
どうなるか気がかりです。

No title

> yos*i*514さん

ワカサギや小鮎釣りで、いつも思うのですが、釣れない釣れない
と言われていても、必ずそれなりに釣果をあげる人がいます。
誰にでも簡単に釣れる魚ですが、結構奥が深い面もありますね。

No title

> MASUMASUさん

悪い日はどこの河川も同じように悪いですね。
そういう意味では、かなり天気に左右されているようです。
まだ諦めるのは早いかも知れませんね。私ももう少し
頑張ってみようと思います。

No title

> ボブさん

二日前はよく釣れたようです。この日はどこの河川も
ホンモロコは悪かったようです。

No title

> かやのたもさん

暖かくなって遡上が始まるかと思ったのですが
今度は天気が続きそうです。鮎にとっても釣り人に
とっても自然は無情です。

No title

ブルーギルがこんなに居ては稚魚がやられますね。

あまり利巧でもないのか真っ先に簡単に釣れてしまいますし、食用にもならないのに勘弁して欲しいです。

No title

こんにちは、雨が続き、天気になれば天気が続き、釣れ日和が少ないですね。モロコも川まで網が入り漁師も必死ですね・・。

No title

23日、野洲川偵察しましたが、例年より水温が低いように
感じました。長雨の影響かor日照時間の少なさでしょうか?

今年の小鮎は前評判倒れ?

No title

今年の野洲川は川の幅が広くなっているのでポイント選びが鍵ですね。
そんな中で2束はすごいですね。
志賀が落ち着いたら一度現場に足を運んで見たいです。

しかしホンモロコも波がはげしいですね。

No title

木曜日湖西で撃沈しました。本当にモロコは差がありますね。特に晴天の日はあまりいい経験がありません。雨とか風とかやはり酸素の溶解量でしょうかね。しかし釣れない日は平均釣り人が少ないですね。良く情報が行き渡っています。もう2.3回チャレンジします。

No title

釣れそうで釣れない、なんと歯がゆい事でしょう。
3つの川をはしごして、いい結果が出せない、釣りってむつかしいですね。

No title

野洲川は良い水に見えますが、ダメのようですね。
まだ遡上が少ないんでしょうかねえ。
難しいですね。
早く上ってこないかなあ!

No title

> ハタチャンさん

2日違いでこうも変わるんですね。第一釣り人が少なく
どこにでも入れる状態でした。皆さんよく調べていて
釣っていても、チョット見にきたと言って偵察に
来られる方が多いですね。

No title

二回目の投稿です。長命寺川ですが、私も22日に行きましたその日は上流は、いっぱいで琵琶湖よりに入りました。棚は、浅かったけど本モロコ釣れましたよ、あとマブナばっかりでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みさき爺

Author:みさき爺
ご訪問ありがとうございます。
Yahooブログから引っ越してきました。
(2019年5月12日)
大阪市内から2時間前後で行ける小鮎や
ワカサギ釣りの日記です。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

過去のブログ