FC2ブログ

みさき爺、弟と日高川へ鮎釣り (89)

 
        86日(火)今日は二つ違いの弟と日高川へ鮎釣りに行きました。
        6時半、弟が家まで迎えに来てくれました。
 
     滋賀の高島方面へ行く予定でしたが、昨晩の天気予報で、高島市は
     大雨警報が出ています。通い慣れた日高川へ急きょ変更しました。
 
     白馬トンネルを抜けるとガスっています。
 

 
 
 
 
     5年前に覚えた弟の鮎釣りですが、づうーっと、ご無沙汰して5年ぶりの
     鮎釣りになりました。さてどこへ入ろうか、かなり興奮気味です。
 

 
 
 
 
     ここは秋の気配です。ミヤマアカネもたくさん飛んでいました。
 

 
 
 
 
     さて、さて、さて・・・
 

 
 
 
 
     行きつけのオトリ屋へ、 「お久しぶりです。お元気ですか」
 

 
 
 
 
     さて、ヨタヨタと70歳を過ぎたオジン二人の鮎釣りの始まりです。
 

 
 
 
 
     下流方です。
 

 
 
 
 
     真上です。主はいないようです。そろそろスズメバチの被害が出るシーズンです。
 

 
 
 
 
     上流方です。
     膝小僧ぐらいの水深です。これなら5年ぶりでも大丈夫でしょう。
 

 
 
 
 
     オット、グッドタイミングでシャッターがおりましたが、竿はおっていません。
 

 
 
 
 
     「もうクタクタや、兄貴終わろうか」 気持ちよさそうに水浴びです。
 

 
 
 
 
     さて、10時過ぎから14時過ぎまで、4時間の釣果です。
     いつもの儀式です。涼しくて冷たくて気持ちがいいです。
 

 
 
 
 
     オトリサイズが16匹です。
 

 
 
 
 
     弟がお持ち帰りです。弟は「あの瀬で2匹、このチャラで3匹、
     取り込みが・・・、コツコツと当たりはあるのに」 でした。
 

 
 
 
   湖北、湖西の河川は今回のゲリラ雨で、小鮎のそ上が期待できそうです。
   久しぶりに、小鮎釣りにも行ってみたいと思っています。
 
 
 
 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

これぐらいの水量なら私のテコにも会いそうです。炎天下まだ渓流では耐えられますが子鮎の環境では耐えられません。しかし今年は友の回数減りました。しかしあの友の感触味わいたいです。

No title

気持ちよいでしょうね

おそろいで釣りが好きで楽しそうです

栗もそろそろ色が変わるころですか

No title

友釣が後 1週間となりましたが後1回いけるかどうかです 専用区は残りますが・・・
里帰りで当分帰らないので留守番です・・・?
後ろを振り返ってみると短いです・・・?
次の釣に まい進します・・・
芯垢が 飛んでいるので 残り垢狙いの状況です・・・
垢が付けば どこでも掛かり サイズUPで面白いかもしれません・・・?
監視員と会うのも 後1回ぐらいです・・・?

No title

今日は、日高川ロケーションも良く水も綺麗ですね。釣果も程々で何よりでした。

No title

ろくさん。

子供のころは喧嘩ばかりしていた弟ですが
今は、何をするにも弟が一番いいです。

No title

あきさん。

一年は早いもので、アッと言う間に過ぎてしまいますね。
次のシーズンは、ワカサギ釣りですよ。

No title

やっさん。

年が近い弟なので、体力、気力、腕も同等で
いい相棒です。

No title

釣りバカさん。

大分大きくなってきたようですね。近場で便利がいいので
また行く予定はしています。

No title

100$さん。

弟は住まいも近くなんで、色々と重宝しています。

No title

気楽親父さん。

今日から夏休みでいいですね。安全運転で家族サービス
お願いしますね。お土産もよろしく。

No title

sumireパパさん。

水がきれいで冷たいので、無意識のうちに
顔や頭を洗ってしまいます。

No title

ひがしゃんさん。

子供が一番喜ぶのは、川遊びですね。
気を付けて夏休みを楽しんでください。

No title

MASUMASUさん。

小鮎釣りも友釣りも、本当に楽しくて面白いですね。
見ても食べても、あげても、喜ばれる素敵な魚です。

No title

野風さん。

写真から、気持よさが伝わってよかったです。
一生懸命写したかいがありました。

No title

釣りバカさん。

垢が付いてどこでも掛かり サイズUPの時は
是非連絡下さい。飛んでいきます。
厚かましい話ですみませんが、よろしくお願いします。

No title

Walkmanさん。

何より涼しいのが一番の御馳走です。

No title

子鮎釣りの情報として 知内に行きましたが ひとはまばらです・・・?
5時過ぎ出発 着7時半過ぎ 水はほどほどにあります・・・
石の色見て流せば入れ掛りですが問題は気温の高さです・・・
早い目において 1時で35度ありました・・・
葦の中なので サウナか室のような状態で 蒸し暑くて気力がなぐようでした・・・?
鮎釣のように立ち込めたらよいのですが 陸釣は半端内です・・・?
止め処と無く 掛かるのでですが いまいちフィットが時期が悪くありません・・・?
深い所を釣っているので 友鮎にしたいくらいのがつれますが 打ち止めです・・・?

No title

釣りバカさん。

35℃とは凄いですね。葦の中の暑いイメージもよく分かります。
正直、鮎が欲しくて、食べたい、のが本来の目的ではないので
たくさん釣れても、この状況では、考えてしまいます。

同じ思いの方が、おられると思います。釣りバカさんのこの
コメントが目に入るといいのですがね。

No title

男の兄弟も良いですねえ!
遊びに幅が広がって、楽しさも倍増!

鮎のお土産つきで弟さんも喜ばれたことでしょう!

No title

かやのたもさん。

弟には、おまえは、ガサツで繊細な鮎釣りは、合わないので
止めるように言っていますが、無理なようです。