FC2ブログ

みさき爺の親柱を訪ねて・難波橋 (2)


 
                【第2回】
 
                             『ライオン橋』の愛称で浪速っ子にはよく知られている
                            難波橋(なにわばし)を訪ねて、親柱を写してきました。
                            大正4年に架橋された時に、いまの立派な姿になりました。
                            最近、戦争中に撤収されていた照明灯が復元されて、歩道が
                            御影石に改装されました。
 
 
                                    ●が場所です。

                                                                 (拡大)
 
 
 
                           親柱の上に座っているライオン像は石造です。
                           阿と吽のライオンがそれぞれ二体です。
                           これは口を開けているので阿(あ)のライオンでしょうね。

 
 
 
 
                       こちらは口を閉じているので吽(うん)のライオンでしょうか。

 
 
 
                        上流側、下流側ともにこんな塔がありました。

 
 
 
 
                           下流側の塔です。

 
 
                                   大阪駅、大阪城からも近いので、大阪観光に来られたら
                                   一度歩いてみて下さい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

「うん」のライオンが、苦虫かみつぶしたような顔でかわいい~
(^^)

No title

かわいいですね☆
先日、動物園で本物のライオンを見てきたところなのですが、日常にライオンを見れるって隠れスポット的でいいですね!

No title

親柱ではないんですが
三越本店に↑の様なライオンが一対座ってます。

No title

マルチンさん、おはようございます。

あばたもエクボですかね。写真を撮っているときは
かわいいとは思わなかったですが、言われてみると
かわいいですね。

No title

Mr.childrensさん、おはようございます。

この辺りはオフイス街なので、通勤の方は
毎日見ているはずですが、あまり気に止めていないでしょうね。

No title

ちゅうさん、おはようございます。

どこにも似たようなものがあるんですね。
ライオンは色々な象徴によく使われていますね。

No title

これは面白い企画ですね。親柱とは知りませんでした、難波橋立派ですね。大阪商人の町ならではですね。ポチです。

No title

walkmanさん、こんにちは。

思い付きです。いつまで持つか分かりませんが
とりあえずやってみます。