FC2ブログ

みさき爺、犬上川の小鮎釣りと宇曽川(84)

 
    512日(木)犬上川へ小鮎釣りに行きました。
 
 
     近江盆地の田植えも一段落したようです。

 
 
 
    麦も色づいてきました。

 
 
 
    2週間前に来た愛知川の河口です。誰もいません。風もきつく
    白波が出ています。護岸は岩なので釣りは危険です。

 
 
 
    次の場所へ行きかけた時、車から降りてこられた方に声を
   掛けられました。「みさきさんですか?」風がきついので
   様子をみていたそうです。
 
    「犬上川か、芹川に行きませんか」
    「一度ここで釣ってみたいので様子をみます」
   歳を重ねるごとに声を掛けられると無性に嬉しくなります。
   礼を言って別れました。

 
 
 
    次に来たのは、犬上川の某公園の駐車場です。ほぼ満車です。

 
 
 
   8時前、通称赤橋の上から川を見ると釣り人でびっしり埋まって
  います。小鮎釣りを始めたのは、この犬上川です。忘れもしません、
  成人式の歳の3月でした。55年の間、毎年数回小鮎釣りで訪れますが、
  平日に、こんなに釣り人が並んでいる光景を見たのは初めてです。

 
 
 
    上流へ車を進めました。この橋の上からのぞくと
    ぽっかり空いているところがありました。

 
 
 
    車も楽に止められました。

 
 
 
    ぽっかり空いていたのはここです。釣り人が入った形跡は
   ありません。川幅の8割は膝小僧ほどの水深で、対岸の
   ブッシュの際1mほどが少し深くなっています。

 
 
 
    こんなところで竿を出す人はいないでしょうね。
    浮木もほとんど流れません。鏡のような水面です。

 
 
 
    浮木の手前に目印をつけました。小さな軽いラセンにオモリ
   なしです。目印を目標にして軽く上流に引くと、ラセンが
   底から離れて、流されるように、浮木下を決めてあります。

 
 
 
  浮木は頂いたものです。手作りで浮力が大きいです。誘いに
  小鮎がのると、浮木が水面でボコボコ跳ねるような勢いで動きます。

 
 
 
     ドブ釣りと流し釣りの中間のような釣り方で9時前から
    12時前まで休憩する間もなく竿を振りました。
    2週間前と同じぐらいの数(250匹)で止めました。

 
 
 
    13時前に、ここをあとにしましたが、入れ違いに
   『あんかじん』さんが陣中見舞いに来てくれたようです。
 
   現地でのハラワタ処理の動画はこちらです

 
 
 
  一つ上の上流の橋の水は濁っていました。工事をしているようです。
  橋の上下に数人の釣り人がいました。ここまでくると駐車は楽です。

 
 
 
    さて、走ること10分宇曽川に来ました。

 
 
 
   お二人の方と話をさせて頂きました。撒き餌なしです。
   時速100匹と笑っていました。こちらも異常なほど釣れています。

 
 
 
    風船ダム、ラバーダム、と言われ、ゴム引布製のチューブです。
   中に空気や水などを入れます。一度この風船がすぼんだところを
   見たいのですが、なかなかチャンスに恵まれません。

 
 
 
    網ですくっていました。

 
 
 
    目の前に広い駐車場があります。ここは周囲に民家もなく
   危険な場所も見当たりません。難を言えば田んぼの水が
   流れ込んで、茶色くなっています。
 
    場所はこちらです

 
 
 
   犬と散歩中のご婦人が話かけてきました。なにわナンバーですね。
  色々なナンバーの車がきますが、○○ナンバーの車は特にマナーが
  悪いです。若い方より年寄りの方が多いです。
 
  マナーの良くない○○ナンバーの話は他の川でも耳にします。
  お互いに気をつけたいものです。

 
 
 
    4時半に帰宅、早速婆さんが天ぷらと甘露煮にしました。

 
 
 
    天つゆは、市販のポン酢をかけて食べるのが好きです。

 
 
 
    本日の仕掛け
     ノベ竿:4.5
     道糸 :0.6
     浮木 :手づくり(写真参照)
     ラセン:手つくり極小
     ハリ :クリスタル2.5号、10本バリを半分にして使用
         数年前にまとめ買いしたものです。現在製造は中止
     されているようです。

 
    撒き餌:削り粉・米ぬか・パン粉を11の割合でブレンド
       (ワカサギ釣りも一緒です。10年一日のごとく変わりません)
 
 
 
 
 

 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

> たけたけさん

たけたけさんは河口に近い方で釣っておられましたが
上流の方が人が少ないようです。どこでも小鮎の姿が
見えるので、場所に応じた釣り方をすれば何とか
なりますね。

No title

> ggg*6x*9*さん

小鮎の群れが見えたので、散らないように静かに釣りました。
撒き餌に寄って来れば後は楽です。

No title

> あんかじんさん

今年は小鮎の数が多いのでどこでも釣れそうです。
とは言ってもトロ場は友釣りと一緒で、群れを
散らさないように静かに釣らないとだめですね。

No title

> ボブさん

湖西の方はまだ行っていないので分かりませんが
湖東方面はどこでも釣れるようです。

No title

> 釣りバカさん

釣りバカさんの綺麗な浮木をあげると、喜ばれるでしょうね。
川で会う機会があれば一つくださいね。

No title

> sumireパパさん

爺の釣り道具は適当ですょ。流れが速く撒き餌が直ぐに
なくなるのでカゴを使っているだけです。

川上に引っ張りながら釣るのではなくて、浮木を少し
上流に引くとラセンが浮いて流れる、緩める、少し
引く、緩める、とこんな感じですが、竿、浮木、ラセン、
水深、流れ、底の状態を見極めての釣りになります。

No title

> かやのたもさん

右岸は車は止められないですね。止めたのは左岸です。
通称桜並木の場所と言われています。

No title

> 小鮎太郎さん

今の小鮎は骨があるように思われないほど、ムチムチと
柔らかく旨いですね。

No title

みさきさま
久方ぶりにお便り致します。西川ニッカです。明日日曜に犬上川に行く予定です。やはり結構混んでいる様子ですね。宇曾川も釣果良いとのことでとても参考になりました。ありがとうございます。ブログ頑張って下さい!

No title

見事の一言です!
どんな条件でも、コンスタントに釣果を挙げられるのは、やっぱり腕!ですね。
思い出深い釣り場で、時をわすれて没頭できる事が素晴らしいです。

No title

網ですくえる位居るんですか。 凄いですよね。
今日は大和川で遡上調査をしていたようですが、これほどは居ないように見えました。

No title

> ykt*****さん

お天気もよさそうなのでたくさん釣れると思います。
宜しかったら参考にしたいと思いますので結果
コメントくださいね。

No title

> masaさん

今は高速道路を利用すれば2時間ほどで行けますが
半世紀前は車を持っている人が少なく、仕事を終えて
数人が乗り合わせて夜走りましたね。

No title

> エヌはまさん

大和川や淀川でアユが釣れるようになるといいですね。
場所によっては釣れるところもありますが素人では
無理なようです。

No title

お早うございます。犬上川まるで銀座ですね・・。釣れているからひとが多いのでしょうね。こんな中で上手く場所を探しますね。先見性流石です。

No title

> 宇治・デジカメ散歩さん

上流上流へと場所を探して、何とか行き着いたのが
ここでした。仕方なしに入った場所です。
釣りにくかったです。

No title

本年初釣行で打ち止めになりそうです・・・?
久々の大風呂敷で頭打ちです・・・?
知内行きでしたが入れ掛かり撒き餌なしの後言われて入れたら更なる入れ掛かりハズレナシでした・・・?
瀬様に作った新作の浮きが大当たりでした・・・?
昼前にクラー満タン打ち止めです・・・
帰ってえらい目に合っています・・・バカ丸出しです・・・?
当分おとなしくして浮きでも作っています・・・?
明日になればわかりませんが・・・?

No title

Y師匠謹製のウキですか?

私も頂き一度使いましたがアタリが取りやすかったです。
釣技を極めた名人のウキは素晴らしいですね。
プラス、みさきさんの経験が加われば「鬼に金棒」!

No title

> 釣りバカさん

釣っているときは、楽しいのでついつい釣り過ぎて
しまいますね。一度小鮎の腹を出さない、ほろ苦い
ヤツを食べたいです。

No title

> やっさん

そうです。計算や見た目、購買意欲などを重視して作った
物でなく、全て経験から出来上がったものはどこか
違いますね。