FC2ブログ

みさき爺、写真練習27回目、大当たり(27)

 
    52日、3日、7日と動く被写体の練習に行きました。
 
 
    GWを近場で過ごす方も多いようです。
    ここ南港野鳥園は大賑わいでした。

 
 
 
    一ヶ月ほど前に名前を覚えたチュウシャクシギです。

 
 
 
    突進していきました。

 
 
 
    ディスプレイか攻撃か、

 
 
 
    反撃されて、

 
 
 
    退散です。

 
 
 
    こちらは淀川の海老江河川敷です。こちらも
    最近覚えた、オオソリハシシギです。

 
 
 
    飛翔から

 
 
 
    着地体制にはいって

 
 
 
    着地です。

 
 
 
    よく見かけます。コアジサジのホバーリングです。

 
 
 
    狙いを定めて

 
 
 
    練習不足で飛び込んだシーンは撮れませんでした。

 
 
 
    練習がまだまだ足りません。

 
 
 
    コアジサシも空振りのようです。

 
 
 
    珍しい野鳥が出るとアッと言う間に集まってきます。
    ここにもネット社会がありました。

 
 
 
    この黄色い口ばしのサギはめったに見られないようです。

 
 
 
    左がなかなか見ることの出来ないカラシラサギです。
    右はコサギです。

 
 
 
    鳥撮りを始めて6ヶ月でシャッターチャンスに恵まれました。
    口ばしの黄色い方がカラシラサギです。

 
 
 
    6ヶ月前までハトとカラスしか知らない爺には
    このショットは見比べるのに最高のワンシーンです。

 
 
 
    左から、カラシラサギ、コサギ、アオサギです。
    大当たりでした。

 
 
 
    30分ほどして飛んでいきました。爺が持っている
    野鳥図鑑にはこのカラシラサギは載っていませんでした。

 
 
  撮影の楽しみの一つは、パソコンに取り込んで見るときです。
  いつも期待して、ワクワクしながら取り込みます。
 
   今回大当たりのカラシラサギは、150mの距離と曇り空と
  未熟な腕が災いして、300枚撮りましたが、何とか分かるのは、
  おおめにみても20枚ほどでした。本当に難しいです。
 
 
 
 

 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

爺様・・・鳥撮りにはまってますねー^^

No title

好条件のシャッターチャンスがあったんですね
サギにもこんな種類有るとは知りませんでした
私もパソコンに取り込んで写真選びするのが楽しみでした。仲間と旅することが多かったのでアルバム作りは
皆に喜んでもらえるよう頑張ったいい思い出が有ります。難聴&緑内障になってからは皆と逢うのを遠慮してます。

No title

黄色のくちばし「カラシラサギ」始めて知りました。
鳥図にも載っていない珍しい鳥をパチリ出来て良かったですね。これがあるから撮り鳥にハマるのですね。

ナイスです。

No title

> やまやまさん

シャッターの連写の音とパソコンに取り込んで見る瞬間の
緊張と期待がたまりません。

No title

> ちゅうさん

写真もブログに載せると皆さんに見てもらえるので
おのずといいものを撮ろうと思います。他人に
見てもらうことで段々綺麗な写真が撮れるように
なると思っています。ちゅうさんも、もう一度
ゆっくりでいいから始めて下さい。

No title

> ボブさん

実は他の方が来て盛んに写しているのを見たとき
なんでどこにでもいる、サギを懸命に撮っているのか
不思議に思っていました。聞いて初めて貴重な鳥で
あることが分かりました。いい加減なもんです。

No title

どんな情報でもネット社会の今では凄まじいスピードで拡散されますが
鳥に関してはカメラマン&野鳥愛好家の皆さん、比較的マナー良く行動されてますね。
「珍鳥は慎重に珍重する」
昨年、コウノトリの際に色々と教えていただき学びました。

連休最後の珍しいサギは嬉しいサプライズですねぇ~!!

No title

ブログで知らない鳥を御教授していただき興味がわいてきました・・・
感謝します・・・
上津と波多野の監視員うわさ通り首になっています・・・
情報源としてよかったのですがしかた有りません・・・

No title

なんだか、充実した日々を満喫されている様子が伝わってきます。

愛好家の方でも、珍しい鳥にあうことがあるんですね。
三種類のサギ、スリーカードみたいです。

No title

種類が違うサギが並ぶのは珍しいのですね‼
興奮されたでしょパソコンに取り込んで見るまでドキドキものですね😃

No title

> 小鮎太郎さん

鳥は静かに、見る、撮る、楽しむ、が目的ですが、釣りは、密かに、視る、捕る、食べる、
で目的が全く正反対ですね。その辺の違いが人柄にも
出てきているように思います。

No title

> 釣りバカさん

今シーズンは波多野を予定していたのですが残念です。
今年の11月から上津には恐らく行かないだろうと思います。

No title

> masaさん

何年も追いかけているのに見れない方が居る反面
爺のようにまだ何もしらない初心者が見れたり、
本人が帰った後に現れる不運な方もおられます。
これもまた面白いですね。

No title

> たけたけさん

数人の方がサギの動きに合わして、三脚を担いで
動きまわっているので、凄い鳥なんだと思いました。
爺も分からないままに皆さんと歩調を合わせて動きました。

No title

渓流で言う増水笹濁りのタイミングがピタリと当たったみたいでしょうか?
山小屋の近くで1日中鳥を観察している人がたまにいます。
聞けば、渡り鳥の調査らしいです。
公務員さんですって!

No title

凄い写真に連続でした。
昔のフィルムカメラでは
出来ない芸当ですね

No title

> かやのたもさん

もし渡り鳥の調査を仕事でしていたら、面白くないでしょうね。
自分の意志でやりたいときにやる、これが一番いいです。
逆にやりたいのにできないときは、闘志がわいてきます。

No title

> sumireパパさん

昔のフイルム時代から鳥撮りの方はいたようですが
連写の技術は無かったでしょうね。今は素人でも
鳥撮り入門が簡単になりましたね。